■ 注目の新ツール「QRコード」

ここ数年、webサーフィン中や街頭、雑誌や新聞などで、よく見かける沢山の情報を持つことが出来る「QRコード」。誰でも自由に使うことができ、またQRコード読み取り機能付きの携帯電話の普及で、急速に用途を拡げてきました。
QRコードに対応した携帯電話などでスキャンすることにより、 情報を簡単に閲覧できたり、面倒なURLの入力なくホームページにアクセスすることが可能です。

■ 飛躍的に増えた情報量

「QR」はQuick Responseに由来し、高速読み取りができるように開発された。日本では最も普及している2次元コードです。QRコードとは、2次元コードの一種で、1994年にデンソーウェーブ(発表当時は(株)デンソーの一部門)から発表されました。従来のバーコードの便利さに加え、より多くの情報を小さなスペースに収められるコードとして開発された2次元コードです。2次元コードは既にバーコードを積み重ねたタイプから、さらに情報密度を高めたマトリックス方式に進化しています。今までのバーコードは一方向だけに情報を持っているのに対し、QRコード(2次元コード)は、縦、横二方向に情報を持つことで、記録できる情報量が飛躍的に増加しました。

 

     

 
大容量データの収納、小スペースへの印字、かな・漢字を効率よく表現、汚れ・破損に強い、360°どの方向からでも読み取り可能、複数のQRコードに分かれて格納された情報を一つのデータとして連結する事もできます。
 

■ 携帯電話で簡単読み取り

QRコードは、QRコード読み取り機能付きの携帯電話で読み取ることができます。
相手はあなたのQRコードデータを携帯電話で読み取り、それをアドレス帳へ簡単に登録することが出来ます。
これで携帯番号やメールアドレスを写す手間や、写し間違いなどの心配がありません。
※QRスタンプをご購入の際は携帯電話取扱店にご確認の上、ご購入ください。
※機種によりQRコードを読みやすいもの、読みにくいものがございます。

QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。